日曜日ゲーム会

ノアが日曜日の屋外ゲームを開催する場合の基本的なルールを書いておきます。

 

 

場所(その時々で変わりますが、概ね下記のどこかになると思います。)

新居浜バンガード

愛媛県新居浜市東田1-1122
URL:http://www.h5.dion.ne.jp/~escort/

 

フロントライン

愛媛県東温市上村字上河原甲398-1
URL:http://www.front-line.me/

 

 

 

日時(店長がそんな気分になったり、みんなからのリクエストが多かったりしたとき)

20・・年・月・日 日曜日 
09:00現地集合
10時に開始(できたらいいなぁ)
17時頃には最終ゲーム終了

 

参加費(開催するフィールドによって変わります)

一人につき  ・・・・円 也

※参加費は当日チームごとに徴収します。

※他グループと開催が重なった場合は交互にフィールドを使うことになる可能性もあります。参加する方は、そこんとこヨロシク。

※参加費は各フィールドの利用料のみなので、残念ながら景品なんてありません

※飲み物や弁当は各自でちゃんと調達して下さい。当たり前ですが、持ち込んだゴミは全て各自で持ち帰ってください。

 

参加資格

下記に掲載のレギュレーションをしっかりと守れる方
同時に、大人としての行動、言動の出来る方

参加方法

チームで参加下さる方は、代表者名と連絡先、チーム参加人数をなるべく正確に、トイズプランナーノアまでご連絡下さい。チーム参加の方はなるべく同じチームになるように振り分けたいと思います。

個人参加の方は、無所属であることを告げていただいた上で、お名前と連絡先をご連絡下さい。

ご連絡は、トイズプランナーノア
TEL 0877-44-9310(水曜定休日)
までお電話下さい。

直接店頭でも、受け付けておりますので、御来店いただけても結構です。
……一部の方には有名ですが、私、遅刻が多いので……
……ご迷惑をおかけすることがありましたら申し訳ありません。

 

レギュレーション(2017年5月1日更新)

パワー

当たり前ですが、法廷の範囲内です。といいたいところですが、解釈が人によって違ってはいけませんので

0.20グラムBB弾の場合  98m/s未満
0.25グラムBB弾の場合  88m/s未満
0.28グラムBB弾の場合  83m/s未満
0.30グラムBB弾の場合  80m/s未満

と決定させ頂きます。
また計測時にはセミオートでの試射を数発行っていただき、

一発でも規定以上の初速が出てしまった場合は、オーバーと見なします。

まかり間違っても、平均初速ということではないので、注意してください。

オーバーしている場合はゲーム会終了まで預からせていただきます。
また減速アダプターを使用しての調整は認めません。
ゲーム中でも場合によっては再計測させていただく場合があります。

※ただし開催するフィールドによっては上記よりも条件の厳しい場合もございます。各フィールドのレギュレーションもお読みください。

BB弾について

上記の例にも書きましたが、BB弾の重さは0.3グラム以下に限定させていただきます。
絶対にバイオBB弾を使用してください。

※ただし開催するフィールドによっては上記よりも条件の厳しい場合もございます。各フィールドのレギュレーションもお読みください。

弾数制限

今回は弾数に制限はありません。
一日を通して、何発撃っていただいてもかまいませんし、1ゲームに何発のBB弾を持って入ってもかまいません。
但し、電マグの使用はLMGに限定させいてただきます。
アサルトライフル等はゼンマイ巻き取り式のマガジンを使用してもかまいません。
また、ゼンマイ式であっても実銃に存在しない増装マガジンは禁止します。

※AKやM4の1000連マグは実銃でもシュアファイヤーから複複列マガジンがあるので、許可します。

※MP5のハイサイクルについてくる400連マガジンはメーカー純正ということで、例外として許可します。

※P90用のライラクス増装マグは禁止です。

※AA12はゼンマイ給弾マガジンがマルイより発売されていないこともあり、LMG同様の扱いとして電動マガジンの使用を許可します。

その他解らないことは直接お店に聞いてきてください。

グレネード(モスカート)

基本的にグレネードの使用は可とします。が、フィールド内でのガスの再充填は禁止とします。
また、バレル前方より大量のBB弾を流し込んでの(通称:前込め)使用は原則禁止とします。
ただし、あくまで、原則であり、一日のうち数ゲームに関しては、特別に許可したいと思っています。
当然ですが、発射はランチャー等を使用してください。
手で直接発射する「手撃ち」は禁止とします。

ハンドグレネード(手榴弾)

最近は使えるハンドグレネードも増えてきていますし、手榴弾の使用も正式に許可したいと思います。
が、安全性の確保の為、製品としてメーカーが作って流通しているもののみ、使用を許可します。つまり、自作のものは使用禁止ってことでお願いします。
また、投擲は必ず下手投げで優しく投げること。力一杯投げるのは危ないので禁止です。
基本的に着弾の確認ができない以上、「当たったはずなのに……」とかトンマな事は言わないし考えない。「ビックリさせて相手の行動を僅かに送らせるための道具である」もしくは「運が良ければヒットが取れる道具」程度に考えてください。

トラップ

まあ、ハンドグレネードがありなら、必然的にこれもアリって事になりますね。
バネもしくはエアーもしくはガスの力でBB弾を発射する機構のモノに限って、トラップとして仕掛けることを許可します。
もちろん、トラップを仕掛けてよいのは、ゲームがスタートしてからです。
また、無線式を使用の場合、ヒットされた後の起爆は厳密に禁止します。理由は死体のゲーム参加と同等であるからです。
ただし、ワイヤー式の場合はその限りではなく、死者からの置きみやげと見なします。
いずれにせよ、仕掛けた人は、ゲーム終了後、休憩時間の間に仕掛けたトラップを安全に回収してください。起爆させての回収は厳密に禁止します。
あたりまえですが、起爆以外に回収方法がないようなトラップは仕掛けること事態が禁止です。

トラップの仕組みそのものは自作であっても良いですが、事前に安全を確認したいので、使用前にお見せください。

服装

シューティンググラスの使用は禁止。
実物対応だろうが何だろうが、どんな理屈こねてきても絶対にサングラスタイプのモノの使用は認めません。
フルフェイスマスクでなくてもかまいませんが、眼の周りを隙間無く保護しつつ、ゲーム中に決して外れることのない用バンド等でしっかりと固定されているモノのみゴーグルと認め、着用してのゲームが可能とします。

ベストの着用は可ですが、ヒットが解るように各人が工夫してください。
場合によっては、個別に着用を遠慮してもらうように指導、勧告させていただく場合があります。

その他の服装に関しても基本的自由ではありますが、安全第一ですので、あまりにもサバイバルゲームに相応しくない格好や、他の方が不快に思われる格好の場合は、着替えていただくか、参加を遠慮いただくかになります。
残念ながら女の子のミニスカートでも涙を呑んで禁止です。

ゲームルール(あくまで基本です。気分で違うゲームもします。)

ゲームの勝敗は、一番わかりやすいところで「フラッグ戦」をしたいと考えています。これは敵味方の2チームに分かれ、お互いの旗(に相当するモノ)を奪われないようにしつつ、敵の旗を裂きに取った方のチームを勝利とする、サバイバルゲームの基本ルールになります。

また銃を含めた装備のどこかに飛翔してきたBB弾が当たった場合をヒットと見なし、ヒットとなった人は大きな声で「ヒット」と叫んで、フィールド外に退場してください。
退場の際、武器を両手に掲げ、戦闘に非参加状態の死体であることをアピールしつつ退場することや、「ヒット通ります」などと声を出しながら歩くことを、オーバーキル(既にヒットなのに撃たれること)を防ぐ手段の例としてあげておきます。

禁止事項(ゲーム中)

接触戦闘。

安全面から考えて、敵チームの人と銃が触れる距離での撃ち合いは禁止します。
この場合二人ともヒット、ダブルヒットです。
また、自分の銃が相手の装備に触れてしまった場合でも、ダブルヒットです。

 

フリーズコール

見知らぬ人同士の集まりなので、誤解の多いフリーズコールは禁止します。
でも、余りに近すぎて気が引ける場合は、
銃を撃つとか痛くなさそうなところをうってあげる愛を見せてください。
もしくは真後ろで銃も見えないような場合は、
「ヒットといわないと撃ちますよ」という旨をハッキリと言葉で伝えてください。
言われた側は、撃たれても良いなら反撃してもかまいません。
が、銃がふれあうような距離なら、反撃が成功してもダブルヒットです。
言った側は、当然いつでもヒットが取れる状態なのですから、
あいてが怪しい素振りを見せたら撃たれる前に撃ってヒットを取ってください。
振り返って撃たれるくらいなら、
「そもそもヒットを勧告できる状態ではなかった」ということです。
言われた側も反撃を試みた結果、痛い眼にあったのなら、
相手の温情を素直に聞かなかった自分の責任なので、我慢しましょう。

 

フラッグに直接触れること

ん?? フラッグ戦なのに??
はい、フラッグ戦ですが、今回はフラッグに直接手で触れた場合は無効とさせていただきます。
駆け込みフラッグゲットでは、まあ着弾に気づかないなんて事が起こりがちです。
一生懸命に走っているのですから仕方ないっちゃ仕方ないのですが、
仕方ないってばかりも言ってられません。
で、BB弾でフラッグを打ち落とす方式にします。
ですので、銃や手で直接フラッグに触れて落とした場合は、
落とした当人自動的にヒット。
その後のゲームの為、責任を持って元の位置にフラッグを戻してもらいす。

 

故意のオーバーキル

まあ、故意かどうか判定は難しいですが……
電マグを使用する人は注意してください。
電マグの使用はLMGのみに控えさせていただきたいと思います。
また、頭を押さえるなどの戦略としての撃ち続けは有効ですので、禁止はしませんし、戦略である以上、推奨もしますが、撃った弾が当たってるかどうかぐらいは解る冷静さは必要ですよ。はい。

 

死体のゲーム参加

既にヒットされた方は、観戦以上にはゲームには参加できません。
次のゲームの準備に取りかかってください。

 

死体の銃及び、マガジンを借りる

まあ、現実ならあるんでしょうけど、ゲームなんで無しにしときましょう。
死ぬ前に借りていた、もしくは貸していた場合は、わざわざ返す必要はありません。

 

死体の利用

ヒットされて帰っていく人の後ろをついて歩くのも禁止です。
残念ながら、先頭を歩く死体ごとオーバーキルし続けるという、死体の人にかわいそうな惨劇しか起こらないと思います。

 

両手を掲げての進行

ゲームルールのところでも触れましたが、オーバーキルを防ぐ為、ヒットされた人には両手を掲げての退場を推奨しています。ですので、死体とも思われるような両手を上げての進行は禁止します。場合によっては以後、両手を上げて歩いている死体にもとりあえず打ち込んで確実に仕留める。という風潮に繋がりかねません。気を付けてください。

 

ゾンビ行為

まあ、当然禁止ですね。
でも、興奮していて死んでいるのに気づいていないっていう、いわゆる本当の「死に損ない」状態な人もいると思います。こういった場合は、その人はT2ウィルスに冒されちゃっているので、味方の人が後ろからとどめを刺してあげてください。
何事も、愛ですよ。愛。

禁止事項(ゲーム外)

決められた場所以外でのBB弾の発射(あたりまえですね)
銃にセーフティーをかけてない(あたりまえですね)
銃にマガジンを差したまま(あたりまえですね)
飲酒(あたりまえですね)
罵声、暴言(あたりまえですね)
ゴミのおきざり(あたりまえですね)

そのほか、ガンマンとしてのマナーと、一般的なマナーとは、普通に守りましょう。

特別ルール

2013年4月28日のゲームのみ下記のルールを適用します。
今回に限り、夜戦及び夕闇戦になる為、各人が安全を確保する為にも、
必ずフラッシュライトをガンマウントするか、携行すること。
また、ヒット後に歩いて帰る際には、真上か真下にライトを点灯したまま帰ること。

*可能であれば、足元用の光量の小さいライトを用意しておくのがベターです。
*光学機器の使用はナイトビジョン、サーマルビジョン共に許可します。
が、撃たれて壊れても仕方がないのは御理解下さい。
*レーザーは生活安全基準適合クラスの強さのモノに限って使用可とします。
ただし、サイティングを目的とする場合の使用に限って許可するものであり、
目眩まし等に使用することはマナー違反として厳禁とします。

特別ルール其の2

ラジコンヘリを飛ばしながらの空撮が最近一般的になりつつあります。
ライブで画像を得ながらの飛行も可能になってきてます。
というわけで、UAVとして敵の配置などを空からラジコンで観察することをルール上、許可としたいと思います。
ただし、BB弾によって撃墜されることを覚悟しておくこととします。その結果、機材が損壊しても、射手の責任は問わず、操縦者の自己責任と限定します。
また、墜落等によってゲーム参加者が怪我などすることが無いようペラに安全カバーを付けるなどの配慮をし、かつラジコン保険などに加入しておくことを条件とします。

 

以上が今のところ取り決められているレギュ及びお約束です。

各チームリーダーは熟読の上、メンバーに周知徹底させておいてください。
個人参加の人は各人責任を持って熟読下さい。
また、変更追加等も考えられますので、ゲーム当日までは、何度かこのページはチェックしてください。
では楽しいゲームが行えるよう皆さんのご協力を、ヨロシクお願いいたします。